その他

Panasonic Singaporeでのインターンの思い出4

前回の記事はこちら

インターンの延長

組み込み開発のプロジェクトは苦労しましたが、それを終えた頃には基本的なソフトウェア開発のやりかたを理解でき、仕事にもだいぶ慣れてきました。ただ残念なことに、インターンはビザの期限までの12/25(ちょうどクリスマスの日)まででした。やっとこれからという時点で11月に入ってしまったので、。しかしながら、周囲のエンジニアのレベルが高く、国際的で、さらには人間関係も良好なこの職場をこのまま離れるのは惜しく感じるようになりました。それに、会社にはお世話になりっぱなしだったので、ようやくある程度の仕事をできるようになったのだから、もう少し働くことで、ちゃんと会社に貢献してから開りたい気持ちもありました。
結果、こういったことをAさん、Bさんたちに伝えると、あっさりと「ビザが取れるんだったらまだいていいよ」と言ってくれました。結局、当時受給していた奨学金の手続き上、延長できたのは1か月でしたが、それでも十分ありがたかったです。

最後のプロジェクト

最後のプロジェクトは、ざっくりいうとAIを利用したソフトウェアを組み込みデバイス上で実行するための、プログラムの改良みたいなものでした。もちろん、この時もまだまだ居残りで勉強しつつ仕事をやらないとなかなか進まないプロジェクトでしたが、初期のころと比べたらだいぶ勝手もわかっていたので、楽しんで開発することができました。特に、12月の後半になると現地の大学から新しいインターン生がやってきて、彼らにも少しは仕事の手順を教えるようになりましたし、それまでは「天才か」と(勝手に)思っていたような人がやっていた内容も理解することができ、「これなら、自分ももう少しやったらできるようになるかもしれん」と思えるようになりました。年末にはマレーシアに短期の旅行に行ったり、大みそかには会社で仲良くしていた人たちと一緒に新年のカウントダウンを見に行ったりと、リラックスしながら生活することもできました。

最後には日本人学生のリクルーティングの相談や、自分が担当した最後のこのプロジェクトに関するチーム内プレゼン、そして作業の引き継ぎなど、それまでに比べると、中身のある仕事ができたような気が充実感を味わい、シンガポールを後にしました。

次回に続く

関連記事

  1. その他

    海外大学院への推薦状依頼に関するソース

    日本人による(日本人のための)ネットからの情報源推薦状の書き…

  2. その他

    Panasonic Singaporeでのインターンの思い出3

    前回の記事はこちら。新しいプロジェクトインターンを始…

  3. Computer Vision

    英字論文執筆の際に使えそうな例文集

    随時更新。A parametric family is a …

  4. その他

    Panasonic Singaporeでのインターンの思い出2

    前回の記事はこちら。さて、いよいよ8月に入りました。自分の中…

  5. その他

    Panasonic Singaporeでのインターンの思い出1

    僕は2018年の7月から2019年1月いっぱいまで,トビタテ留学JA…

  6. その他

    トビタテのインターンの見つけ方

    僕は「トビタテ留学JAPAN」(以下トビタテ)の第七期生として採用さ…

カテゴリー

最近の記事

おすすめ記事

  1. その他

    Panasonic Singaporeでのインターンの思い出2
  2. Environment

    個人的にLinuxでよく使うコマンドリスト
  3. Computer Vision

    英字論文執筆の際に使えそうな単語集
  4. その他

    Panasonic Singaporeでのインターンの思い出1
  5. その他

    トビタテのインターンの見つけ方
PAGE TOP